« ゴーゴーカレー エビフライカレー | メイン | パパガヤデリ ファラフェル »

カリーカリー スープカレー、アジアンカレー

カリーカリー

ちょっと前の話かもしれないが、札幌ではスープカレーが流行っている。
東京でもその煽りを受け、スープカレーのお店が続々とオープンしてきている。
以前、タリーズコーヒーに投資をしたベンチャーキャピタルの元社長の話を聞きに行った時、
今度はスープカレーのお店に投資をすると言っていた。
スープカレーが今アツイのだ。
それほど有名なスープカレーなはずなのだが、私は食べたことが無かった。
そして今日食べた。

カレーの種類は4種類。
スープカレー、アジアンカレー、キーマカレー、チキンカレーがある。
私は2種類カレーを頼んで、スープカレーとアジアンカレー選んだ。
2種類目のカレーは1種類目より少なめになるとのことだ。

スープカレー、アジアンカレー

値段は750円。


【味】
☆4
+スープカレー:チキン、人参、ジャガイモ、ナスなどがかなり大きめに切ってある。
       スープカレーというだけあって普通のカレーよりもスープの量が多い。
+アジアンカレー:ココナッツミルクでマイルドな仕上がり。これも具材が大きい。

【見た目】
☆4
+あふれそうなほどのスープが良い感じ。

【値段】
☆4
+カレーが2種類、スープもなみなみと盛られていて、この値段はお得感がある。

【やさしさ】
☆4
+ネオ車の雰囲気が家庭を思わせるようなとても暖かい感じ。
+かかっている曲もカーペンターズで、さらに暖かい。
-スプーンが小さいので、蓮華タイプのスプーンに変えた方が食べやすい。

【接客】
☆4
+おじさんなのだが、客との接し方がやわらかく、好印象。

【ネオ度】
☆4
大きめの音量でカーペンターズが流れているネオ。
ネオ屋台村でスープカレーを提供しているネオは見たことが無いので、着眼点は良いと思う。
ただ、スープカレーと普通のカレーの差をアピールしていないので、
他のカレー屋との差別化ができていないので、残念だ。
私もその違いがよくわかっていない一人なので、
スープカレーの魅力をうまく消費者にアピールできたら客はより集まるはずだ。
また、自慢のスープがより味わってもらうために、スプーンは普通のプラスチック製の小さいスプーンよりも、
蓮華タイプの方がスープカレーには適していると思う。

About

2005年04月04日 21:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゴーゴーカレー エビフライカレー」です。

次の投稿は「パパガヤデリ ファラフェル」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34